安全にアシナガバチ駆除をするなら生態を把握することが重要

ハチの巣に気づいたときにはすでに大きくなっていることも!

家にある巣から車に入る前にアシナガバチ駆除

家にアシナガバチが巣を作っていることがわかった場合、早めにアシナガバチ駆除をする必要があります。また車庫にも巣を作ることがあるので、巣が大きくならない内にアシナガバチ駆除を業者へ依頼しておきましょう。

アシナガバチは車の近くに巣を作る


アシナガバチは車庫に巣を作ることはありますか?
はい、あります。アシナガバチは安全な場所に巣を作ろうとします。その中でも車庫など密閉された空間などはハチにとって巣を作りやすい最適な環境といえます。車のガレージや軒下などに巣を作るという事例も、実際に報告されているので常に警戒するようにしましょう。万が一、車のガレージに巣を作られると、知らない間にハチが車に入ってくる可能性もあります。巣を見かけたら、早めにアシナガバチ駆除をしましょう。アシナガバチ駆除を自力で行なっても良いのは、巣が小さい時までなので巣が大きいと思った場合は無理をせずに駆除業者へ依頼するのが適切な判断です。

アシナガバチ駆除をするためにも、巣を作る流れを把握しておきましょう。

アシナガバチが巣を作る流れ

最初は女王蜂だけで活動

冬眠から目覚めた女王バチは、巣を作るのに適した場所を探して飛び回ります。適した場所を見つけると巣作りを一匹で行ないます。そして、卵を産んでお世話をします。アシナガバチ駆除をするには、この時期が一番良いです。女王蜂しかいないなら危険も少ないので比較的簡単に駆除ができます。車のガレージなどにも巣を作ることがあるので、5月頃は巣が作られていないか確認してみましょう。

働き蜂が増える

6月中旬から7月中旬には、働き蜂が羽化してきます。働き蜂が羽化すると、巣をさらに大きくしていくために活動が活発化します。また、まだ巣に残っている幼虫のお世話も同時進行されているため、この後続々と羽化していき、数は増加していくことでしょう。巣が大きくなる前に、アシナガバチ駆除業者へ駆除依頼をしてください。

夏になるとさらに活発になる

8月中旬になると、幼虫だったオスバチが生まれます。9月初旬頃には、ハチの数が一気に増えてしまうのでアシナガバチ駆除を自力で行なうのは困難となるでしょう。巣も夏前に比べると、また大きくなっていきます。アシナガバチ駆除を安全に行なうためには、アシナガバチ駆除業者へ依頼するなどをして対処するようにしておくと良いです。

TOPボタン