車の中に侵入したらアシナガバチ駆除をして問題解決

ハチの巣に気づいたときにはすでに大きくなっていることも!

車にアシナガバチが入ってくる理由と対処法

アシナガバチ駆除を行なうことは大事なことです。しかし、アシナガバチ駆除だけでなく刺されないための対策もしておくともっと良いでしょう。対策をするためには、まずハチが何故車に入り込んでくるのか知っておくことも大切です。

アシナガバチが車に近づく理由


アシナガバチが車に近づくのは何故ですか?
車にハチが寄ってくる理由としては、甘い香りなどが原因だと考えられます。車にはジュースなどの飲み物や香水など甘い匂いのするものが多いです。甘い匂いにはハチだけではなく、他にも多くの虫が寄ってくるという傾向があります。車の中にハチが入ってくるとパニックになるので、ハチの活動期には窓を閉じるようにするなどの対策が必要となってくるでしょう。またコーティング剤も芳香性があるものが存在します。車の近くにハチが集まることで巣を作られる可能性も高まるため、匂いには気をつけたいところです。
車内に入った場合はどのように行動すればいいですか?
車の中にスズメバチが入ったら、まずパニックにならないことが大切となってきます。むやみに、手で払おうとしないようにしましょう。また、攻撃をするのも良くありません。アシナガバチは、攻撃性が低いのでむやみに触るなどしなければ問題はないといえます。しかし、スズメバチは攻撃性が高いので慌てすぎると刺される可能性があります。ハチが車内に入ってきたら、まずは冷静に窓を開けて外へ出ていくのを静かに待つといいでしょう。

夏の行楽シーズンは特に注意が必要

スプレー

夏の行楽シーズンで車を利用する人は、ハチの侵入を恐れることでしょう。しかし、アシナガバチであれば大人しいからと侵入されても問題ないという考えを持つ人もいます。実は、その考えは間違っているのです。いくら大人しいハチといっても近づくと危険なことには変わりはありません。特に、夏の時期は働き蜂が活発に動き回るため、刺されたという被害も耳にすることが多いです。ですから、車内に侵入してきたら、適切な対処をする必要があります。車の窓やドアを開けることや、グッズなどを利用してアシナガバチ駆除をしましょう。また、こういった事態にすぐ対応できるように、普段からアシナガバチ駆除が簡単にできるものを車に常備しておくと安心できるといえます。

TOPボタン