ハチが原因で起こった車の事故の事例~アシナガバチ駆除の重要性~

ハチの巣に気づいたときにはすでに大きくなっていることも!

車を運転している時も危ない!アシナガバチの危険性

ハチ

アシナガバチは車を運転している時に入り込んでくることがあります。これはアシナガバチの生態と関係しています。大きな事故を起こす可能性もあるためとても危険です。ここでは事故の事例を紹介します。

ハチによる車の事故

車が横転してしまった
ハチが車の中に侵入してくるという不測の事態に見舞われてしまい、運転手が焦り過ぎてハンドル操作を誤り事故へ繋がりました。ハチが原因となりこのような大きな事故が起きることも時としてあります。車の運転手の注意不足も問題として挙げられますが、そもそもハチが車内へ侵入してくることがなければ事故を起こすことに繋がることはなかったといえるでしょう。
ハチに刺されて意識をなくしてしまい…
車の運転中にハチに刺されて意識を失い正面衝突へ繋がるという恐ろしい事故がありました。運転していた男性は、刺されたことでアナフィラキシーショックを起こし、そのまま意識をなくしたと推測されています。ハチがもたらす被害は、このように人一人ではとどまらず複数の人を巻き込むような惨事を引き起こすこともあるのです。

アシナガバチ駆除が必要な理由

アシナガバチは穏やかなハチといわれていますが、危険なハチの仲間であることに変わりありません。車に侵入することで事故に繋がることがあります。また、刺されるだけで命を落とすこともあるのです。ここではアシナガバチ駆除が必要な理由について紹介します。刺されるリスクを減らすために知っておきましょう。

アシナガバチは放置しておくと危険な例

ミツバチやスズメバチよりも刺されたら痛い (駆除業者)

あるデータによるとハチの中でも最も刺されると激痛を伴うとされているハチは、アシナガバチとされています。スズメバチに刺された時よりも強い痛みに襲われるとして知られているのです。自宅の近くにアシナガバチの巣があればすぐにでもアシナガバチ駆除をしましょう。また車の中に侵入されるのも事故の元となるので、ガレージに巣がないかなどもチェックしておくべきです。

気付いたら巣が完成していることがある (駆除業者)

アシナガバチは巣を屋外の開放的な所に作ります。開放的な場所以外にも巣を作るため、巣に気づきにくいこともあるのです。そのような人目につきにくい場所に作られると気づかない内に巣が大きくなっていることがあるのです。車を駐車するガレージにも作る可能性があるので注意しましょう。車のガレージ内に巣を作られてしまった場合は、アシナガバチ駆除を行なう以外の選択肢はないのですぐに業者へ相談しましょう。

洗濯物や家の中に紛れ込んでしまいます (駆除業者)

アシナガバチが活動的になるのは夏です。夏場からアシナガバチのみならず多くの虫の活動が盛んになります。夏になると洗濯物を外に干す機会も増えることでしょう。時には、洗濯物にアシナガバチが潜んでいることがあり、刺されてしまう人も少なくありません。近くに巣も作られる可能性が高くなるので、見かけ次第アシナガバチ駆除を行なうべきでしょう。

スズメバチを引き寄せることもあります (駆除業者)

アシナガバチ駆除を行なう理由は多くあります。その理由の一つに、スズメバチが絡んでくるものがあるのです。アシナガバチ駆除をしなければ、他のハチの巣を狙ってくるスズメバチを寄せ付けてしまうことになるからです。スズメバチは他のハチの巣を攻撃し、幼虫を捕食するのでハチの巣があることで余計に困る事態になるのです。ですから巣があればすぐにでもアシナガバチ駆除を依頼しましょう。

TOPボタン